method – メソッド

method-main

method

〜キレイでいい香りに包まれたあなたの手は手肌なめらかに〜

mission

OUR MISSION

メソッドは2000年のサンフランシスコでエリック・ライアン(左)とアダム・ローリー(右)の二人 によって始まりました。子どもの頃から友達であった二人は、人にも環境にも優しい、しかし汚れをばっちり落とす新しい洗剤を作ろうと思い立ちました。
消費財ブランドでマーケティングを担当していたエリックは、みんながキッチンの戸棚に隠さな くてもいいようなクリーナーを欲しがっていると知っていました。一方、化学エンジニアとして 環境問題に取り組んでいたアダムはそんなクリーナーをどうやってできるだけ安全に作るかを 知っていました。そんな二人がゼロから作り上げたのがメソッドというブランドです。
メソッドは、人にも環境にもやさしく、それでいて汚れを確実に落とします。デザインや香りにも こだわります。エコであるために妥協することは何一つありません。誰もが欲しがるような製品 を作ることで環境にやさしい製品をできる限り多くの人に使ってもらう。メソッドはこれが社会 をよりサステイナブルに変える唯一の方法だと考えています。

pattern2

OUR DIFFERENCE

d
clean

洗浄

エコな製品というと洗浄力に不安が残るかもしれません。しかし、メソッドは汚れを確実に落とすために最先端の技術を結集させています。ハンドソープにしても洗剤にしても、汚れを落とせなければ何の意味があるのでしょう。

safe

安全

洗剤といえば、目が痛い・手が荒れる・頭痛がするといったイメージはありませんか?それは体が危険だと感じているサインです。メソッドは原材料の一つ一つの安全性を綿密にチェックし、あなたはもちろん、小さなお子様やペットにも安心な製品をつくっています。

green

環境

メソッドはクリーナーという製品のあり方を変えることでビジネスとサステナビリティの関係を見直したいと考えています。自然由来で再生可能な製品を環境負荷に配慮しながら提供します。もちろん動物実験もしません。原材料から生産過程まで透明性を大事にしています。

design

デザイン

ほとんどの企業はデザインに大した注意を払っていません。エコな製品では特にそうです。しかし、ハンドソープやキッチン洗剤は普段から見えるところに置くものです。メソッドでは著名デザイナーを起用して、生活が楽しくなるようなデザインを提示しています。

flagrance

香り

アンモニアや漂白剤の臭いがしないと汚れが落ちないと思っていませんか?そんなことはありません。メソッドの製品は花やくだもの、そしてハーブの香りですが、汚れはばっちり落とし切ります。家をキレイにするのに換気が必要なんておかしなことです。

pattern2

METHOD FIRSTS

2000

2000

「掃除用品はどうしてデザインが冴えないものばかりなのか」ともどかしく思っていたエリックと「環境に優しく、かつ洗浄力があって、香りの良い洗剤があったら…」と夢見ていたアダム。幼なじみの2人は、スタイリッシュでありながら環境に優しく安全で、洗浄力は最強、香りは最高な洗剤を作ろうという革命的な商品アイディアを思いついたのです。

2001

2001

こうして method が誕生し初セールスを達成。カリフォルニア州バーリンゲームのモリー・ストーン雑貨店が4本のクリーナースプレーをお買い上げ。 ちなみに当初はアダムが請求書の管理をしていました― そしてそんなアダムがつけているこのネクタイ — その後、どちらも「改善」を遂げたとのこと。

2002

2002

カリーム・ラシッドがパッケージデザインを手がけるようになり、method はスーパーマーケットチェーン Target 90店舗でのクリーナースプレーと食器洗剤のテスト販売にこぎつけました。その7ヶ月後には全米の Target にて商品の取り扱いが決定。

2003

2003

method のアイコンである、涙型ボトルのハンドソープがデビュー。このハンドソープは大人気となり、ベストセラーの商品の1つとなりました。

2004

2004

アメリカのマーケットに3倍濃縮の衣類用液体洗剤を初登場させました。

2005

2005

カナダとイギリスにて展開をスタート。

2006

2006

成長著しい米国企業のトップ500をランキング形式で発表する “Inc. 500” にて米国7位にランクイン。メソッドの徹底した環境配慮は各方面から高く評価され、エリックとアダムは国際的動物権利擁護団体の PeTA によって「Men of The Year」としても表彰されました。

2007

2007

method は社会そして環境に変化をもたらすことを会社の正式な目標として掲げ、ファウンデーション Bとなりました。B に仲間入りすることの意味は・・・ぜひご確認を。

2008

2008

一度使用されリサイクルされて帰ってきたボトルを100%使用し、容器の生産を開始。「g’day mate!」なオーストラリアにも進出しました。

2009

2009

役割を終えたプロダクトを再び製造現場(ゆりかご)へ戻していくことを可能にする徹底したリサイクル・リユースの思想に加えて、そのプロセスの中で人体や環境に有害な物質を出さない、ということも重要な基準としている「ゆりかごからゆりかごまで(Cradle-to-Cradle)」。 method は、この国際エコ承認システム「Cradle to CradleSM」が認定した世界初の企業の一つです。 当初37個だった認定商品の数はすでに60個となり、そして今も続々とラインナップを拡大しています。

2010

2010

スマートクリーンテクノロジー(特許出願中)を採用した8倍濃縮液体洗濯洗剤がデビュー。パワフルでいて植物ベースのこの洗剤は、液ダレ知らずの便利なポンプ式ボトルに入っています。そんな我らの相棒は methodlaundry.com でチェック。そして皆さん、ボンジュール & こんにちは!フランスと日本にも進出を遂げました。

2011

2011

method 誕生から10年。皆さんサポートをしていただき本当にありがとうございます。

2012

2012

method と Ecover は力を合わせ、世界で一番大きな「グリーン・クリーニング・カンパニー」を目指して走り続けています。

OUR DIFFERENCE

clean

洗浄

エコな製品というと洗浄力に不安が残るかもしれません。しかし、メソッドは汚れを確実に落とすために最先端の技術を結集させています。ハンドソープにしても洗剤にしても、汚れを落とせなければ何の意味があるのでしょう。

safe

安全

洗剤といえば、目が痛い・手が荒れる・頭痛がするといったイメージはありませんか?それは体が危険だと感じているサインです。メソッドは原材料の一つ一つの安全性を綿密にチェックし、あなたはもちろん、小さなお子様やペットにも安心な製品をつくっています。

green

環境

メソッドはクリーナーという製品のあり方を変えることでビジネスとサステナビリティの関係を見直したいと考えています。自然由来で再生可能な製品を環境負荷に配慮しながら提供します。もちろん動物実験もしません。原材料から生産過程まで透明性を大事にしています。

design

デザイン

ほとんどの企業はデザインに大した注意を払っていません。エコな製品では特にそうです。しかし、ハンドソープやキッチン洗剤は普段から見えるところに置くものです。メソッドでは著名デザイナーを起用して、生活が楽しくなるようなデザインを提示しています。

flagrance

香り

アンモニアや漂白剤の臭いがしないと汚れが落ちないと思っていませんか?そんなことはありません。メソッドの製品は花やくだもの、そしてハーブの香りですが、汚れはばっちり落とし切ります。家をキレイにするのに換気が必要なんておかしなことです。

pattern2

METHOD FIRSTS

2000

「掃除用品はどうしてデザインが冴えないものばかりなのか」ともどかしく思っていたエリックと「環境に優しく、かつ洗浄力があって、香りの良い洗剤があったら…」と夢見ていたアダム。幼なじみの2人は、スタイリッシュでありながら環境に優しく安全で、洗浄力は最強、香りは最高な洗剤を作ろうという革命的な商品アイディアを思いついたのです。

2001

こうして method が誕生し初セールスを達成。カリフォルニア州バーリンゲームのモリー・ストーン雑貨店が4本のクリーナースプレーをお買い上げ。 ちなみに当初はアダムが請求書の管理をしていました― そしてそんなアダムがつけているこのネクタイ — その後、どちらも「改善」を遂げたとのこと。

2002

カリーム・ラシッドがパッケージデザインを手がけるようになり、method はスーパーマーケットチェーン Target 90店舗でのクリーナースプレーと食器洗剤のテスト販売にこぎつけました。その7ヶ月後には全米の Target にて商品の取り扱いが決定。

2003

method のアイコンである、涙型ボトルのハンドソープがデビュー。このハンドソープは大人気となり、ベストセラーの商品の1つとなりました。

2004

アメリカのマーケットに3倍濃縮の衣類用液体洗剤を初登場させました。

2005

カナダとイギリスにて展開をスタート。

2006

成長著しい米国企業のトップ500をランキング形式で発表する “Inc. 500” にて米国7位にランクイン。メソッドの徹底した環境配慮は各方面から高く評価され、エリックとアダムは国際的動物権利擁護団体の PeTA によって「Men of The Year」としても表彰されました。

2007

method は社会そして環境に変化をもたらすことを会社の正式な目標として掲げ、ファウンデーション Bとなりました。B に仲間入りすることの意味は・・・ぜひご確認を。

2008

一度使用されリサイクルされて帰ってきたボトルを100%使用し、容器の生産を開始。「g’day mate!」なオーストラリアにも進出しました。

2009

役割を終えたプロダクトを再び製造現場(ゆりかご)へ戻していくことを可能にする徹底したリサイクル・リユースの思想に加えて、そのプロセスの中で人体や環境に有害な物質を出さない、ということも重要な基準としている「ゆりかごからゆりかごまで(Cradle-to-Cradle)」。 method は、この国際エコ承認システム「Cradle to CradleSM」が認定した世界初の企業の一つです。 当初37個だった認定商品の数はすでに60個となり、そして今も続々とラインナップを拡大しています。

2010

スマートクリーンテクノロジー(特許出願中)を採用した8倍濃縮液体洗濯洗剤がデビュー。パワフルでいて植物ベースのこの洗剤は、液ダレ知らずの便利なポンプ式ボトルに入っています。そんな我らの相棒は methodlaundry.com でチェック。そして皆さん、ボンジュール & こんにちは!フランスと日本にも進出を遂げました。

2011

method 誕生から10年。皆さんサポートをしていただき本当にありがとうございます。

2012

method と Ecover は力を合わせ、世界で一番大きな「グリーン・クリーニング・カンパニー」を目指して走り続けています。

pattern2

method-products-link

bottom
オーストラリア発ピュアオーガニックブランド日本発上陸 ラリースはこちら!
Hello. Add your message here.